読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ + ごはん + ほん

個人的三大セラピーの記録

11月14日(水)よるごはん + ねこ + ほん

f:id:withTora:20161215133450j:plain

・ 鶏むねタンドリーチキン

・ フジッリサラダ

・ 人参のマリネ

・ ズッキーニと人参の豚肉巻ピカタ

・ ワタリガニ入りあおさの味噌汁

・ 納豆

・ ゆでたまご

 

f:id:withTora:20161215133630j:plain

断面を見せようと思ったわけではなく、盛り付け時に転がっただけ。

 

f:id:withTora:20161215133825j:plain

何が何だかわからないこの物体。

平たく切ったズッキーニと人参(あまりもの野菜)を豚肉で巻いてから、卵を付けて焼くを3回程繰り返したピカタ。

好評。

お好みでケチャップやらお醤油やら。

 

f:id:withTora:20161215134009j:plain

人参ツナサラダ。

 

f:id:withTora:20161215134030j:plain

マカロニサラダにはマヨネーズやすし酢の他に、オーロラまで行かないほどのケチャップとタバスコを入れるのが定番。

 

 

 

 

 

最近読んだ本

リミット (講談社文庫)

リミット (講談社文庫)

 

アマゾンレビューを読むと、前に安田成美と南果歩でドラマ化されていたらしい。

見てみたかった。。。

子供の臓器売買というテーマや、描写がなかなか暴力的なので、万人におすすめできない本。

この上の画像を見ると、【真夏のミステリーズ】の一つとして売り出されていたみたいだけど、謎解きミステリーではなくて、スリラー・サスペンス。

ハラハラ・ドキドキ系だったので、疲れた(← 実はあんまりそういうの好きではない)

 

警官の貌 (双葉文庫)

警官の貌 (双葉文庫)

 

短編集は、あまり縁がなかった作者の作風が読めるので、何読もうかなって迷っている時に借りることが多い。

福田和代さんはあんまり読んだことがないので、良い入口だったかも。

 

 

 

 

猫嬢

f:id:withTora:20161220135455j:plain

 

f:id:withTora:20161220135518j:plain

 

f:id:withTora:20161220135535j:plain

 

引っ越してきたばっかりの頃、三連発。