読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ + ごはん + ほん

個人的三大セラピーの記録

11月8日(日)よるごはん + ねこ + ふるさとのうぜい

うちごはん ねこ ふるさとのうぜい

f:id:withTora:20151110134753j:plain

・ ガランティーヌ

・ ペンネゴルゴンゾーラ

・ スパニッシュオムレツ的な

・ カボチャサラダ

・ スジャータあれあれ

・ バケット

 

f:id:withTora:20151110135224j:plain

ガランティーヌとは?

鶏肉の八幡巻的なものの、洋風バージョン(の、ハズ)。

 

みじん切りにしたパプリカとピーマンを真ん中に包み込んでみた。

本当は、タコ糸でしばって、焼き目を付けてからオーブンで蒸し焼きにしたかったんだけど、タコ糸がないため、ラップで形成してから、さらにアルミホイルで包んで、ストウブに入れて蓋して200℃で45分。

多分、30分位でいいと思うけど、例によって、火入れには慎重(というか、過剰)。

 

そのままでもいいんだろうけど、なんとなくフライパンで軽く焼く(飽くなき火入れ欲)。

 

初回作成の割には、なかなか美味しくできた。

鶏肉に塩コショウ(今回はクレソル)をたっぷり目にしたら、特にソースは必要なし。

 

 

f:id:withTora:20151110140210j:plain

やっと作れたペンネゴルゴン。

もちろん、ゴルゴンゾーラの賞味期限は軽く1週間超え。

このレシピは、失敗しようがない。溶かすだけ。

 

f:id:withTora:20151110140255j:plain

この間、スキレットで焼いたら、こびりついちゃってとんでもないことになったので、耐熱ガラスタッパー的なもので。

 

ガランティーヌが作ってみたくて、作ってみたくてしょうがなかったのである。

 

 

猫嬢

f:id:withTora:20151110140534j:plain

 

猫が入りそうな典型的な箱がきたが、猫嬢は見向きもしない。

f:id:withTora:20151110140758j:plain

愛媛みかん 10キロ

 

f:id:withTora:20151110140851j:plain

10キロ・・・。

 

みかんは率先して食べる。

ビタミンC補給。

既に手が黄色くなってきた。

 

 

今、ユニクロでコラボしている「CARINE ROITFELD」。

ブランド自体知らなかったんだけど(追記 : ブランドじゃなくて、人かも)、これが私の好みにドンピシャ。

www.uniqlo.com

前回の「LEMAIRE」も、昔の「A.P.C.」みたいな感じで、なかなか良かったけど、カリーヌは、そこはかなとなくパンクなところが、大好物。

で、発売前から絶対欲しい!って思っていたものが。

 

これ ↓ 

www.uniqlo.com

 

で、発売日にビックロに行って、試着したんです。

一番大きなサイズを(67(オンラインストアは売り切れみたい))。

 

・・・。

 

どうあがいても入らない!!

 

 

私、確かに下半身デブですけど、パンツは試着しないと絶対買えませんけど、いくらタイトスカートでも、スカートである限り、一番大きなサイズを買っておけば、履けないことはなかったのに、に、に。。。

でも、これはもう、痩せれば履けるって問題ではなくて、骨格で失格。

私の下半身デブはちょっと変わってて、足が太いのはともかく、腰骨はぎりぎりまで出ていて、ごつごつしていて、おしりはぺったんこなのです。

つまり、骨盤ヒロイーノ体型。

このスカートはもう、骨盤で引っ掛かって、履けなかったので、どうあがいても無理と言うことで・・・。

 

ふと、思い出したんだけど、フランスブランドって言うのは、フランス人がラテン系で小柄だからなのか、結構細身のつくりが多いように記憶している(今は違う?)。

少なくとも、今でも「Paul & Joe」とかは、私にはちょっと小さ目だし、高校の時に流行っていた「agnes b.」は大好きだったんだけど、当時更なる下半身デブだったので、サイズ42(!)とか着てたのを思い出した。

 

と、言う訳で、サイズが合わなかったことを、フランス系列とのコラボレーションだからしょうがないわよねと、自分を慰めていたんです、というしんみりした感じで、本日は〆させていただきます。

 

 

 

猫嬢も下半身デブだった。

2011年9月20日猫嬢。

f:id:withTora:20151111132239j:plain

14歳くらいだと思うけど、まだ若いなぁ。

化け猫か。