読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこ + ごはん + ほん

個人的三大セラピーの記録

8月26日(金)よるごはん + ねこ + ほん

f:id:withTora:20160829104657j:plain

・ コンソメソーセージ野菜くずスープ

・ 納豆

・ ゆでたまご

 

f:id:withTora:20160829104800j:plain

食べている間中、スモーキーだなぁ。燻製っぽいなぁ。もくもくするなぁ。

とか、ぶつぶつ言っていたので、なんのソーセージだったっけ?と、残りのもう1袋を確認してみると(2袋がテープでぐるぐる巻かれて売っているアレ)、

 

www.marudai.jp

あ、ほんとだ、燻製屋だって。

 

コンソメスープにはあんまり合わないらしい。

 (と、いいつつ完食)

この日はお昼を食べ過ぎたらしくて、スープこんなに飲めないと。

 (と、いいつつ完食)

 

 

 

最近読み終わった本

任侠書房 (中公文庫)

任侠書房 (中公文庫)

 

 

任侠学園 (中公文庫)

任侠学園 (中公文庫)

 

 

任侠病院 (中公文庫 こ)

任侠病院 (中公文庫 こ)

 

 

今野氏の任侠シリーズ。

 

昔ながらのいいヤクザ物語。

ヤクザが、出版社、学校、病院の再建にかかわるという話。

今野氏の本は、どれを読んでも人と人との関わりの大切さみたいなものが、本当にうまく表現されているんだけど、このシリーズは本当に人って捨てたもんじゃないよね!って思わせてくれる本だった。

義理人情っていうか、心を閉じていた人たちが、だんだんと心を開くっていう過程が、感動してうるうるしちゃうんだな、私は。

 

 

マル暴甘糟

マル暴甘糟

 

これは、上の任侠シリーズに脇役として出てくるマル暴刑事の甘糟と言う人が主人公の本。

実はこっちを先に読んで、任侠シリーズも読んでみようと思ったという、順番が逆だったんだけど。

 

この甘糟もまた、マル暴なのに童顔でいつもびくびくしてて気弱そうなキャラという、面白い設定。

2作目もでているんだけど、現在図書館18人待ち。

 

 

 

 

 

猫嬢

f:id:withTora:20160829122650j:plain

 

f:id:withTora:20160829122720j:plain

 

f:id:withTora:20160829122738j:plain

 

f:id:withTora:20160829122801j:plain

 

トラがビミョーな顔しているよって言ったら、夫が写真撮って、撮って、見せて、見せてとせがんできた。

 

写真だとわかんないんだけど、ずーっと、お腹をナデナデしている。

 

 

なんで夫が抱っこすると、首が座らない乳幼児みたいな感じになるんだろか?